So-net無料ブログ作成
検索選択
それでも、生きてゆく 9話 感想 ブログトップ

それでも、生きてゆく 9話 感想 [それでも、生きてゆく 9話 感想]

それでも、生きてゆくの9話を観た感想ですが・・・
今回も、感動というか、考えさせられました。

双葉(満島ひかり)と、洋貴(瑛太)は、お互いを想い合いながらもそれを許さない現実。
洋貴は文哉(風間俊介)に復讐しようとしていたが、ナイフを手にすることはなかった。
双葉は、文哉が殺人犯にならなくてよかったというが、
最後には、自らの手で兄の文哉(風間俊介)を殺そうと文哉を探しに行く。
10話では双葉が文哉を見つける前に洋貴が追いつくようですが、どうなるのか?

とにかく、キャストの皆さんの演技が凄い。
大竹しのぶさんの母としての鬼気迫るシーンには引き込まれます。
風間俊介さんも、難しい役柄を演じきっていますし、
瑛太さんと、満島ひかりさんの演じる微妙な関係を、時にはコミカルに演じています。

そして、練りこまれたストーリー。
本当にここまで感動したドラマって今までなかった気がする。
どんな結末を迎えるのか、最終回が楽しみです。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
それでも、生きてゆく 9話 感想 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。