So-net無料ブログ作成
それでも、生きてゆく あらすじ 感想 4話 ブログトップ

それでも、生きてゆく あらすじ 感想 4話 [それでも、生きてゆく あらすじ 感想 4話]

それでも、生きてゆくの第4話「明かされた真実」のあらすじです。

文哉(風間俊介)、そして、
双葉(満島ひかり)も隆美の実の子ではなかった・・・。

お兄ちゃん子という双葉だけに、兄の文哉との繋がりが気になっていましたが、
ちょっと、予想外でしたけど・・・

それでも、生きてゆくの4話のあらすじとしては、
加害者家族の心模様を語っていましたね。

父の駿輔(時任三郎)の心変わりがあまりにも急展開なので驚いた。
文哉と距離を取ろうとしていたのに、文哉を家に迎え入れると言い出すし・・・。

この展開から、双葉の出生の秘密が判明することになるのだから、
伏線として必要だったのでしょうけどね。



双葉の存在に気付いた響子(大竹しのぶ)
すぐには許すことができないかも知れないが、
亜季と遊んでくれた双葉に対して憎悪の感情だけではない様子。
少しだけ前に進んだ洋貴と響子の親子。
そして、父親の最後を洋貴(瑛太)から聞く響子は、代わりに父との初デートの話をする。
二人の距離が縮まったようですね。

逆に、双葉の家族はどうも不協和音がする。
駿輔は文哉を街で見かけても声をかけなかったという。

なぜ?

「残された家族の笑顔を守りたい」
「その一心だった」
と駿輔は言う。

おいおい、
なんだよ、その守りたい家族っていうのは?

すでに、文哉は家族の枠外かよ。

洋貴と出会った駿輔だが、父親としての受け答えができない。
洋貴からも父親だろうとののしられる始末。
しかし、ここからなぜか、駿輔が変心。

文哉を受け入れると言い出したから大変。
文哉はお母さんの子供じゃないと言い出し。
双葉の、「じゃあ、私は?」
の言葉に、答えることができない隆美。
双葉が隆美の本当の娘ではないということなんでしょう。

そして、洋貴に好意を抱きつつある五月(倉科カナ)が登場。
文哉を知る看護師を探し出す手助けをしてくれるが、
どうも、文哉の担当看護師は行方不明になっているとか・・・
なにかあるのか?


一方、文哉に意味深に近づいてきた紗歩(安藤さくら)
訓練センターで彼女の元カレが文哉と一緒だったようですが、何が目的なのか?

二人で出かける文哉と紗歩の軽トラックの荷台には
意味深に音を立てるスコップがあったりして・・・

行方不明の看護師もしかり、第2話の行方不明の少女もしかり
どうも、文哉と殺人を結びつけるようなストーリー展開が多すぎるなぁ。
ちょっと違和感が・・・。

話が動き出した、そんな感じがする
それでも、生きてゆくの第4話のあらすじ、感想でした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
それでも、生きてゆく あらすじ 感想 4話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。