So-net無料ブログ作成
絶対零度 特殊犯罪潜入捜査 3話 視聴率 ブログトップ

絶対零度 特殊犯罪潜入捜査 3話 視聴率 [絶対零度 特殊犯罪潜入捜査 3話 視聴率]

絶対零度 特殊犯罪潜入捜査の第3話(7月26日放送)の視聴率は、
13.1%となっており、第2話から1.1%ダウン。

相変わらず桜木泉の悩みは尽きませんね。
正直、人として悩む泉の姿には共感が持てます。
言っていることはわかりますが、瀧河たちの感覚の方に違和感を感じるのは甘いのでしょうかね?

さてさて、
絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~第3話のあらすじ、感想ですが、
MNPという研究所で新薬開発に絡む殺人事件をまたもや泉と瀧河が潜入捜査を行うというストーリー。



結局のところ発がん性という副作用のある新薬を世の中に出すことに反対した野田が
告発をしようとしたが、それを阻止しようとした北村副所長が彼を殺そうとしたが、
警備員に止められてしまう。
もみ合ううちに、警備員が死亡し、その死体を遺棄する北村。
情報を持って逃走していた野田は、途中で交通事故にあい死亡してしまった。
全てが闇に葬られると思ったのだろうが、北村が事故現場にいたことが不自然なこと。
野田は、事故に会う前に、データを元同僚の三木のカバンの中に押し込んだのだが、
三木は、野田との間に意見の食い違いによる確執があり、そんなことには気づかない。

泉たちの接触で、三木のカバンの中からデータが入っていると思われるメモリーを手に入れるが、新薬の情報であるようだが内容がわからない。
解析には所長の東海林のデーターが必要となり、新薬発表の会見中にボヤ騒ぎを起こし、
そのどさくさに紛れて瀧河はデータの抜き出しに成功する。
これらの情報の解析を野田の本心を三木に伝え解析に協力をしてもらえることに・・・
そこに、新薬の問題点が判明する。

全てが明らかになり、終了となるかと思ったその瞬間。
MNPのデーターをコピーする人物が・・・。

これ、誰なんだ?

更に、この話は続きがあるようです。
真相はどこにあるのでしょうか。今後が楽しみです。

【送料無料】絶対零度(Season1)

【送料無料】絶対零度(Season1)
価格:780円(税込、送料別)




>>絶対零度 楽天に関連グッズが続々登場しています! チェックしてみては?





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
絶対零度 特殊犯罪潜入捜査 3話 視聴率 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。