So-net無料ブログ作成
マルモのおきて 最終回 あらすじ 7月3日 ブログトップ

マルモのおきて 最終回 あらすじ 7月3日 [マルモのおきて 最終回 あらすじ 7月3日]

マルモのおきても遂に7月3日に最終回を迎えました。
その、あらすじと感想を紹介します。


笹倉の気持ちを知ったマルモは、遂に、あゆみが母親であることを薫と友樹に伝えるけど、
やっぱり、二人には理解してもらえなかった。
どうして、ウソをついた?
どうして、捨てたの?
この問いかけ。確かに、難しい問題ですよね。

見かねた彩は、マルモも、あゆみも頑張ってウソをついたと教え、
やっと落ち着きを取り戻す二人でしたが、
畑中に双子を返したくないと本当の気持ちを伝えるマルモでした。

マルモは、今日のおきてを
「はなればなれでも家族」とするが、
二人は、離れたくないと迫る。
そんなマルモに、
「お前らには、ママがいる」
「ママは、たった一人で病気と闘っていたんだ」
「ママの病気は治った。ママの所へ帰るんだ、それが死んだパパの願いだ」

しかし、友樹は「おきてなんかいらないと」と泣き出す。

一人、悩むマルモ。考え込む薫。

ムックはそんな薫に、おきてノートを持てくる。
おきてを観ながら、何かを悟る薫。
友樹に語り始める薫。
「マルモと元気にバイバイしよう・・・」
アイスを買って家に戻ってきたマルモは、二人に話し始める。
「はなればなれになっても、変わらないんだ・・・」

涙を誘うシーンとなりました。


マルモが商品開発部に異動すると早とちりしたお客様相談室の面々。
しかし、マルモは開発に行かないと言い出す。
「俺、ここにきて変われたとやっと気づいた」
「独りよがりじゃない、開発の手助けができる」
そう言うマルモ。なんかカッコいい。

イケメンパラダイス2の前田敦子が食事をとる居酒屋クジラ。
名物のクジライスを食べるマルモと、薫、友樹。
陽介と、彩が嫁に行った時の話をするマルモ。
「また、誰か嫁にもらってくれないかな?」そういう話をする視線の先にはマルモが・・・

この展開か・・・
そうか、そうか、と勝手に結末を予測した方も多かったと思いますが、
その予測は裏切られることになるのですが、それは最後に。



二人が、あゆみのもとに帰る瞬間。
バスの扉が開く。
「ムック、ばいばい」そういう二人に無言のムックがいました。

二人を乗せて走り出すバス。
最後に薫から手渡されたボールには
大好き、ずっと家族と書いてあるのを観た瞬間、
二人と過ごした時間を思い出し、涙するマルモ。

あゆみに、ママと呼んでもいいかという薫と友樹。
そして、
病気の時、一緒に戦えなくてごめんね・・・生きててくれてありがとう。
そういう二人に、あゆみは涙する。

しかし、この二人は感動させてくれますね。


「ほんとに行っちゃったんだな・・・」
そういうマルモに、
「護、ありがとな・・・」と言うマムック。
そう、やはり、ムックは笹倉が憑依していたようですが、
遂に、飛んで行ってしまったみたい。

そこに現れる彩。
二人の忘れ物を届けに来たという。
なんだか、マルモと彩がいい雰囲気になりかけるが
そこに薫と、友樹が現れる。

あわてて、マルモと彩は、世間話をしていたと言い訳をする。
薫と友樹はにやにや。

あやが、おきてノートを見て、あやは家族の在り方を考え直したようです。
ゆっくりと母親に戻るという。
そして、薫と友樹をしばらくマルモに預けると・・・

こうして、マルモと薫と友樹の3人の生活が始まる。
でも、ムックが話さなくなったことを気にする二人。
話をしなくなったと思われたムックが突然
「遅刻するぞ!」

最後まで笑わせてくれるドラマでしたね。

更に、ムックのガールフレンドのハナちゃんが登場。
素晴らしいオチでした。

【送料無料】「マルモのおきて」DVD-BOX

【送料無料】「マルモのおきて」DVD-BOX
価格:17,716円(税込、送料別)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
マルモのおきて 最終回 あらすじ 7月3日 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。